理想の結婚式場がここにある|素敵なウエディングにしよう

ウーマン

式場となる神社の選び方

男女

親族を考慮に入れる

結婚式を神社挙式にしたいなら、まずはどの神社で挙式するのかを選ぶ必要があります。一口に神社と言っても日本全国多種多様な神社が存在しており、社殿の規模はもちろん立地条件の違いによる周囲の景色も個性があります。神社挙式の基本的な式の流れは同じであっても、ロケーションが違えば印象も大きく変わります。選び方についてですが、式場となる社殿の大きさによって中に入れる人の数は変わるので、まず出席する親族の数を想定して式場となる神社を選ぶといいでしょう。伝統的に列席者は親族だけというのが基本ですが、最近では親しい友人が列席する場合も増えています。会場となる神社によっては認めていない場合もあるので、もし友人にも列席してほしいというのであれば事前に確認しておくようにしましょう。神社挙式をする場合には、基本的に披露宴会場は別個に設ける必要があります。もし挙式だけをして特に披露宴は行わないというなら別ですが、当日披露宴を行いたいというのであれば神社の周囲に披露宴会場があるかどうかも重要な要素となります。敷地内に披露宴会場が設けてある神社も結構あり、移動や準備が簡単なのでこうした神社を選んで神社挙式する人が多いです。地方の神社だと有名な神社でも周囲に何もないというところは珍しくないので、そうした神社で挙式するなら会場があるのかどうかを確認しておきしょう。街中にある神社が会場であれば、近くに会場となる場所も見つけやすいですし、列席者の数が少ないなら近くのレストランなどを貸切にするという手もあります。後はホテルや式場での挙式と同様に、交通手段の確保も考慮しましょう。古くからある神社の場合には、駅や大通りから離れた場所にある事も多いです。また社殿が高いところにあって、足の不自由な人では上がれないという場合もあります。親族にそうした方がいる場合には、なるべく交通手段の楽な場所を選ぶ配慮も必要です。